<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 31日
ストーリー性のある写真を求めて
どうもコブシメ熱が冷めないみたいで・・・(笑)。ストーリー性のある写真を求めて潜り続けるのみ。

a0115008_21595134.jpg

a0115008_2202158.jpg


コブシメの雄同士が激しくぶつかり合い、弾けた・・・。
a0115008_2221020.jpg

a0115008_2222237.jpg


交接中もけっして油断はできない。そこにはつねに略奪愛がつきものなのだ。
忍び寄る雄のコブシメ・・そしてキック!!結局交接中のコブシメたちは見事に引き離されてしまった。
a0115008_227539.jpg


今日は言葉少なめでしたが、何となくストーリー性を感じられましたか(笑)。

言葉無く写真だけで語れるようになりたい。

オフィシャルサイトも見てね♪    ☆YUHEI☆

by yuhei-kiryu | 2011-03-31 22:14
2011年 03月 28日
エイリアンVSプレデター
昨日のコブシメの交接に引き続き、今日はコブシメの雄同士のガチンコバトルをご覧下さい。

a0115008_21541056.jpg

a0115008_21542418.jpg

a0115008_21543866.jpg
a0115008_21571981.jpg

a0115008_21573211.jpg

a0115008_21574449.jpg


少し写真多すぎですよね・・(笑)。それにしても今日の戦いは凄かった。
まさにエイリアンVSプレデターを思わせる戦いだった。本物の映画よりも面白かったんじゃないかな。
コブシメだけに言えることではないが、弱肉強食の世界は体の大きさが大きく勝敗を分ける。
過去何度となくコブシメの戦いを観察してきたが、ほぼ9割以上が体が大きい個体が勝っている。
10匹以上いる雄の中に体の大きさが中ぐらいの威勢のいい奴が一匹だけいる。
そいつだけは自分よりも体の大きい奴に引けをとらず戦っている。僕はそいつの密かなファンでもある。
機会があれば紹介したいと思います。
今日の戦いは体の大きさはほぼ互角、二匹ともボスの名に恥じないオーラ&大きさを持っていた。
そんな中、一匹の雌を争いバトルが始まった。バトルの時間は短いときは数秒、長いときで
数十秒~数分間続くこともある。今日はまさに横綱相撲の長期戦になった。
戦いはまず急接近して、体色を変化させ威嚇の仕合いをする。ここで戦いが終わることも多いが
これでも決着がつかない場合、足を使い間合い蹴りを入れる。写真の中にも間合い蹴りを入れている
シーンがあります。それでも勝負が付かなければぶつかり合いとなる。今日の戦いはぶつかり合いを
しても勝負は付かず、一度距離を置いてから、一匹が猛ダッシュをし間合い蹴りを入れたがそれでも
決着は付かなかった。一番下の写真、長期戦でお互いに疲れたのかほぼ直立状態になり睨め付け合う
形となった。

凄まじい戦いだった。

Fuji Film S5Pro Tokina 10~17mm ISO200 F8.0 1/60  S2000×2


オフィシャルサイトも見てね♪

by yuhei-kiryu | 2011-03-28 22:12
2011年 03月 27日
コブシメ☆愛の劇場物語☆
a0115008_22573248.jpg

a0115008_22394565.jpg

a0115008_22395914.jpg

a0115008_22401765.jpg

a0115008_22402853.jpg


今日は今が見所のコブシメの生態行動の一つ交接についてお話します。
生態行動に関しては雄同士のケンカ、産卵、交接が見られるのですが、確率的に観察できる可能性が
一番低いのは写真の交接シーンです。今年は何度もコブシメの撮影に足を運んでいるのですが
タイミングが悪く交接シーンは一回も見れずじまいでした。そして昨日、ようやく今年初の交接シーンを
観察することができた。交接シーンのほとんどが一番上の写真のように雄からアプローチしていくのですが
昨日は雌からガンガンに誘っていた。そんな一瞬の仕草も日頃から潜っていなければきっと見逃していた
ことだろう。上から2番目の写真をよく見て下さい。ぱっと見た感じだと体が大きい右側の固体が雄に
見えてしまうかもしれないが、雄は左側である。体の大きさは3倍以上雌の方が大きかった。
少し下品な言い方をすればピチピチ、いやイケイケの青年がジュクジュク?の熟女にアタックして
いるようなものだ(笑)。そんな青年のコブシメでも己の子孫を残すために一生懸命頑張っているんだなと
愛くるしくもなった。2番目の写真の下の方をよく見ると愛のカプセルがこぼれている。そして下の写真が
その愛のこもったカプセルである。それにしてもマジマジと見るとコブシメの交接シーンはまさに
ゴジラVSキングギドラに見えてしまうのは僕だけだろうか。4番目の写真を画像編集している時
マジマジと画像を見ていたら少し気分が悪くなってしまった(笑)。
コブシメの交接は雄と雌が足を絡め合いくっつきその間に雄が精子の入ったカプセルを雌に託し
雌はその愛のカプセルを体の中で受精させ産卵する。
交接している時もけっして油断はできない。他の雄が交接を阻止するかのごとく邪魔をしにくることもある。
コブシメのケンカ、交接、産卵そしてハッチアウトと全てのストーリー性を感じさせる組写真を作ることが
僕の目標の一つ。

ここ数日は60mmレンズをつけて色や花を撮影していたので、今日の写真は全て60mmレンズでの
撮影です。
ワイドレンズを付けとけば良かったと少し?後悔したが、ドアップ写真はワイドでは撮りきれないので
よしとしておこう。ただ最後の写真だけはワイドで撮りたかった。ということでまたのチャンスを願い
明日はワイドにセッティング済み(笑)。
つくづくコブシメにゾッコンなんだな~って思う。やっぱ生態観察&撮影は止められない♪止まらない♪


☆オフィシャルサイトも見てね☆



by yuhei-kiryu | 2011-03-27 23:22
2011年 03月 25日
☆オフィシャルサイト完成☆
a0115008_2152277.jpg


石垣島の自然の素晴らしさを少しでも伝えたいと思い、コツコツと製作していた
自身のオフィシャルサイトがほぼ完成しました。HomeページとProfileページは英語にも訳せるように
グーグル翻訳を組み込みました。まあーこの言葉を英語で書かなければ外人さんには分からないと思う
のですが・・・(笑)。まだまだ未完成の部分もありますが、良かったら見て下さいね。

http://www.yuheikiryu.com

前回のブログでも書きましたが、HPを作るにあたりテーマをいくつか決めて撮影&製作にあたりました。
少しでも参考になれればと思います。

今日はオフィシャルサイトの告知でしたが、次回こそはテーマとイメージのつながりについてお話して
いきたいと思います。


                                                    ☆YUHEI☆

by yuhei-kiryu | 2011-03-25 22:01
2011年 03月 21日
テーマを持つ
a0115008_22321672.jpg


Fuji Film S5pro Nikon 60mm f2,8 ISO200 F4,0 1/50

前回は構図についてお話しましたが、今日はテーマについて考えてみましょう。
私は海だけに限らず、できるだけテーマを作ってから撮影をするようにしています。
もちろんテーマを作らず撮影することもありますが、そうするとただ何となく写真を撮っているだけに
なってしまい、それが写真にも現れてしまうような気がします。まあーブログ用などと割り切って撮影する場合も
多々ありますけどね。。
どんなテーマでも構いません。青い空&海ともくもくの雲だって立派なテーマ?だと思います。
あんまり深く考えずに自分の思いつきでテーマを作ってみて撮影してみると新しい発見が見つかるかも
しれません。
今日の写真はもうすぐ?完成する私のギャラリーサイトのテーマの一つFLOWERです。
野山?に咲く花をテーマに撮影してみました。どうでしょうか。。。

次回はもう少し深くテーマとイメージのつながりについてお話したいと思います。



                                                    ☆YUHEI☆



                                             

by yuhei-kiryu | 2011-03-21 22:47
2011年 03月 18日
構図
今日のお題は昨日お話した構図についてです。まずは横カットの写真を3枚程ご覧下さい。

a0115008_2294840.jpg

a0115008_22101864.jpg

a0115008_22103074.jpg


全て駄作作品です(笑)。どんな画角の広い魚眼レンズを使っていてもサンゴ礁全てを
写すためにはそれなりに距離を置かなければなりません。引いて撮るのも一つのテクニックとしてありますが
やはり始めは魚眼レンズの特有を活かし、なるべく接近して迫力のある写真を撮りたいところだと思います。
自分が撮りたい被写体を見つけorガイドから紹介されたらいきなり撮るのではなくまずは自分の頭の中で
撮影する位置、構図、アプローチの仕方などをイメージしてみて下さい。もちろんガイドさんがある程度教えて
くれるとは思いますが、自分の中でもしっかりとイメージを作ることが大切です。
上の写真三点を見てみましょう。一番最初の写真は素人丸出し写真ですね(笑)。
とりあえず一枚パシャみたいな感じで撮っていると思います。そして二番目の写真は少し上に浮上して斜め
45℃ぐらいから撮っています。ぜんぜん駄作ですが、どの構図がしっくりくるか調べています。
おまけに一枚目と二枚目の写真は自分の影が写ってしまい手前の方が少し黒くなってしまっています。
そして三番目の写真は真上からですね。サンゴを撮影する上で真上からアプローチするのは王道中の
王道である程度は絵になります。それでも完成度はいまひとつです。。

次の二点は縦カットの写真です。

a0115008_22374825.jpg

a0115008_2238456.jpg


被写体によって横カットはいまひとつ絵にならないが、縦カットにしたら絵になると
いうことは多々あります。もちろんその逆もありますし、横縦とも絵になるものもあります。
とりあえずどの被写体でも横縦は両方撮って置くのがベターだと思います。
縦カットの上の写真はほぼ真横から撮影していますが、水面付近が泡などで汚いのでNG。
横カット同様、二番目の写真は少し上に浮上して撮影しています。
5点の写真の中ではすっきり収まっていて一番良いと思います。
ワイド写真だけに言えることではありませんが、構図とバランスが写真の決め手になると思っています。
そんな事を日頃から考えて撮影しています。良い写真を撮るためにはそれなりに修行を重ねているのです。
そしてある程度修行を重ねていけば、自然と体が覚えてくると思います。
まずはイメージ作りが基本です。
構図についてはまた違った写真を使って紹介したいと思います。

今日のデータ 横カット→Fuji Film S5pro Tokina10~17mm ISO100 F7,1 1/60 自然光
縦カット→F5,6以外は同じです。

絞り、シャッタースピードなどについてはまたの機会に簡単に説明したいと思います。
まずは自分の持っているカメラの説明書をしっかり見て下さいね(笑)。

 
                                              ☆YUHEI☆

by yuhei-kiryu | 2011-03-18 22:33
2011年 03月 17日
マクロよりもワイド
a0115008_22204044.jpg


Fuji Film S5Pro Tokina 10~17mm ISO200 F9 1/60 自然光

水中写真&世界に少しでも興味をもってもらい、写真を通して皆様の心が少しでも癒されればと思い
始めたこのブログ。
ワイド系の写真が中心になると思いますが、良かったら見てくださいね♪

フィルム時代は王道の105mm、テレコンなどを使って水底に這いつくばりハゼを中心に追っていた
時期もありましたが、その反動のせいか?デジダルとなった今はもっぱらワイドが中心になっています。
そのワイド撮影の中心になっているのがサンゴです。

海中のオアシスとも言われているサンゴ礁には実に様々な生物たちが生息しています。
サンゴの色というと茶色というイメージが強いようですが、茶以外にも青、緑、紫とカラーバリエーションも
豊富です。

そんな動かないサンゴ礁の撮影は一見簡単そうに見えると思いますが、実はとても奥が深く?
難しいのです。
サンゴだけでないですが、ワイド写真は特に構図が命です。ほんの少し構図が変わっただけでも
見た感じの印象がガラリと変わってしまうのです。ではどういった構図で撮影したらいいのかというと
それは人によって感性が違うので、ぜったいにこの構図だとは言い切れません。
もちろん最初はどの角度、構図で撮影したらいいのか戸惑う部分もあると思いますので、人の写真を
見たり雑誌を見たりして自分なりに少しイメージを作っておく良いと思います。

今日の写真は優しい感じを出すために少しオーバー(明るめ)に撮影しています。
どうです?自己満足の世界になってしまいますが、やんわりしたイメージが出ているでしょ(笑)。

写真の下には撮影データも載せておきますので参考程度にどうぞ。



                                          ☆YUHEI☆

by yuhei-kiryu | 2011-03-17 22:54
2011年 03月 14日
水中写真を楽しもう♪
エキサイトブログの桐生悠平のフォトログは「水中写真を楽しもう♪」に変えて定期的に更新していきます。
このブログではワイド~マクロまで生物に対してのアプローチの仕方、撮影データ、撮影者の気持ちなど、より多くの方々に水中写真の楽しみ方やノウハウがお伝えできればと思います。

このブログを見て少しでも水中写真に興味を持って頂ければ嬉しく思います。
応援よろしくお願いしまーす♪

a0115008_13374175.jpg


by yuhei-kiryu | 2011-03-14 13:36